【人混みが大嫌い!】人混みが苦手になる6つの理由とは?

あなたは人が混雑している所が苦手ではありませんか?

例えば、

・原宿や渋谷など人が多い街には行けない。行きたくない。

・満員電車や満員エレベーターに乗ると息苦しい。

・電車やバスなどの交通機関にはなるべく乗りたくない。

・人混みを歩く時は普通に歩く時よりも何倍も疲れてしまう。

などに当てはまるでしょうか?1つでも当てはまる方は人混みに少なからず苦手意識を感じています。実際に人混みが嫌いという人は多いです。

その中でも、地方から上京してきて人混みを嫌いになるという人の割合が多いです。

それもそのはず、東京都は世界で一番人口密度が高い首都です。特に原宿や渋谷は平日の昼間でも人でごった返しています。都会に住むのであれば人混みは避けては通れないので、上手く付き合っていく必用があります。

人混みが嫌いになるのには、いくつかの理由があります。そこで今回は、人混みが苦手になる6つの理由をお伝えします。

 

 

1.自分のテリトリーに入られる

人間には誰でもパーソナルスペースと呼ばれる自分だけのテリトリー(領域)があります。このテリトリーに他人(親しくない人)に入られると不快感を感じてしまいます。パーソナルスペースには人によって個人差がありますが、大体自分の身体から半径2m弱程度の円状です。半径2m弱ってけっこう広いですよね。人混みの中に入ってしまえば2m弱どころか1mも人との距離を置くことは難しいです。なので、普段から自分のテリトリーを守って人との距離感を大事にしている人は、自分のテリトリーを侵害される人混みが嫌いになってしまいます。

 

 

2.視線恐怖症

視線恐怖症とは、その名のとおり人の視線に強い恐怖心やストレスを感じてしまう人のことです。

すれ違う人と目を合わせられないということはありませんか?これは、視線恐怖症の代表的な症状です。

気配り上手な日本人に多い症状で、視線恐怖症は他人の存在を過剰に意識してしまうことが原因で起こります。「自分が悪い評価を受けてしまうんじゃないか。」という余計な心配から他者の視線を恐れてしまいます。人混みでは、すれ違い際などにどうしても誰かと目が合ってしまうので、視線に苦手意識があるとどうしても人混みが嫌になってしまうのです。

 

 

3.狭いところが苦手

 閉所恐怖症という言葉が広く知られています。閉所恐怖症の人は、エレベーターや電車・バス内などの密室や、居場所を制限された空間になると「自分は閉じ込められている」という閉塞感から強いストレスと恐怖心を感じてしまいます。閉塞感に非常に敏感です。また、人混みも同じように身動きを制限される空間なので密室と同じような閉塞感を感じる原因になることがあります。

閉所恐怖症の人の一番の敵は、満員電車です。電車内という密室に閉じ込められ、さらには身動きも制限されるとなると、縛り付けられるような閉塞感を感じてしまいます。満員電車が原因で、過呼吸になることもある程です。もう発狂してしまうレベルの相当な苦痛です。

 

 

4.潔癖症

満員電車・バスでは、どうしても人と人との距離が近くなってしまいます。身動きが取れない状態の時に体臭がキツいオジさんの近くにいようものなら、最悪です。次の駅で電車を降りるまではその不衛生な悪臭に耐え続けなくてはいけません。また、人がぎゅうぎゅう詰めな状態だと身体と身体が密着した状態になってしまうことがよくあります。これはちょっと潔癖症な人からすると嫌悪感を感じてしまう原因になります。なので、潔癖症の人は電車やバスなどの混雑する交通機関を使わないという方が多いです。

 

 

5.行く手を阻まれる

 原宿の竹下通りを絶対にまっすぐ歩き続けることはできません。なぜでしょうか?

答えは簡単、たくさんの人がいるからです。人混みを完全無視して歩くのは不可能ですよね。多くの人をよけながら、人と人との間を縫いながらでないと前に進むことはできません。都会に住む人にとっては当たり前のことなので、慣れてしまってスイスイ進むことができるでしょう。しかし、地方暮らしから上京してきた人だと人混みをよけながら進むといった経験が少ないので、最初は必ず戸惑います。これに慣れるまでには多少の時間がかかります。行く手を阻まれるというのに慣れないうちはストレスの原因になることもあります。

 

 

6.人間嫌い

「そもそも人間が嫌いだから人混みなんて考えられないよ!」という理由の人もいます。人間嫌いになる多くの原因は、他者との付き合いやコミュニケーションなどで人との距離感が掴めず、うまく関係をコントロールできないことに嫌気がさしてしまい、最終的には人間自体を否定するようになって人嫌いになるのだそうです。そういった人にとって人混みへ入るということは、自ら嫌なもの(人)だらけの中に飛び込むということなのでもちろん嫌でしょう。