ストレスが溜まらない人の6つの特徴って何?

なるべくならストレスなんて無いほうが良いですよね?

とは言っても人間というのは賢いためにどうしても精神的なストレスを感じてしまいまう生き物ですので、ストレスを全く感じない人はいません。ですが、ストレスが貯まらないという人はいます。どういった人がストレスフリーな人なのでしょうか?

今回の記事では、ストレスが溜まらない人の6つの特徴をご紹介します。

 

1.とにかくポジティブ

ポジティブな人は、問題に対して「できない」と否定的な考えを持たずに常に「何とかなる」と前向きな考えを持っています。それで本当に何とかなってしまうから不思議です。また、行動力も人一倍あるので失敗を恐れず、思い立ったらすぐ行動に移します。このような人たちは総じてストレスに強い傾向があります。こういったプラス思考がストレスを感じさせない理由になっているのです。

 

 

2.客観的ではなく主観的

 何事も主観的にとらえています。物事を客観的に見ないので、余計な心配をしたり劣等感を感じたりがありません。基本的に主観的な人は、積極的で物怖じしない性格の人が多いです。また、エネルギッシュで活動的なので、自信家であるという特徴もあります。自分目線で生活を送ることによって、自信や余裕につながっていくのです。

 

 

3.趣味でストレスを発散している

何かしらの趣味を持っていて、ストレス発散をしています。スポーツ、食べる、ツーリング、ドライブ、温泉、映画鑑賞、音楽ライブなど、心から癒されてる時間を過ごすことでストレスは体から出ていきます。自分が「楽しい」と思えることであれば、どんな方法でもストレスは発散されます。無趣味な人は、何か楽しめることを始めてみることをおすすめします。

 

 

4、シンプルに生きる

エッセンシャル思考という考え方があります。「どれも大事」ではなく、「大事なことはめったにない」という考え方です。つまり、人生には選択肢が多すぎるのです。あらゆる選択肢に惑わされてしまい、なかなか決まった方向に進みだすことができません。結局、正しい選択ができずこれがストレスの原因になってしまいます。そこで、選択肢を減らす必要があります。自分に本当に必要なものは何かを考えると、たいていの選択肢は不必要であることに気が付きます。選択肢を手放してシンプルに生きることでストレスフリーな生活になります。

 

 

5.切り替えが早い

人生最大の危機といった事態に直面しても、切り替えが早いです。ここで勘違いしないほうが良いことは、切り替えが早いのと諦めが早いのは全く違う意味であるということです。諦めが早い人は、責任感が弱く気力のない人のことです。しかし、切り替えが早い人というのは、決断は早いですが決して心は折れません。必ず失敗しても切り替えて方向転換して進むことができるます。失敗したときにこそ、諦め上手になるか切り替え上手になるかの2択が問われるのです。諦め上手になる人が待つ未来は、ストレス地獄です。そして、切り替え上手になる人こそが、ストレスフリーな未来をつかむことができます。

 

 

6.生活リズムが整っている

睡眠・食事・運動・仕事・遊びのバランスが取れていることが生活リズムが整っていると言えます。例えば、仕事にパラメーターを振り切ってしまい睡眠不足になったり、逆に遊びにパラメーターを振り切って仕事をおろそかにすると、生活リズムが崩れてしまいます。すると、不足しているパラメーターを満たせないストレスを浴びることになります。ストレスフリーな人は、生活リズムが整っていて、公私ともに充実した生活を送っています。食事や睡眠にも気を使っていて心も体も健康を維持しようとしています。