上品な人の7つの特徴とは?

あなたの周りに上品な人はいませんか?

「この人は、どことなく上品だなぁ。」

「あの人は、品があって素敵だな。」

ってことがあると思います。上品な彼らは、他の人とは何が違うのでしょうか。

そこで今回の記事では、上品な人の7つの特徴を紹介していきます。

 

 

1.敬語で話す

「佐藤さんが言ってたよ。」と、「佐藤さんがおっしゃっていました。」とでは、受ける印象が全く違ってきます。話し方というのは人の印象を大きく左右するものです。上品な人は、総じて敬語の使い方が上手いです。美しい敬語が使える人は、それだけで「上品で魅力的」に見えることがあります。また、「〜っす。」「そうなんすか。」みたいな省略した敬語は使いません。

 

 

2.食べ方がきれい

食事のマナーもしっかり心得ていて、なるべく口の中を見せずに食べます。食事中に話しかけられたら口に手を当てます。また、少量ずつ食べます。ちょうど一口で食べられる大きさのものでも、一度半分に切り分けてから食べると、とても上品に見えます。食器とスプーンが当たる音にも気をつけます。なるべく食器の音がしないように気を配りながら食事をします。このような食事をする相手への気遣いも上品なオーラを作り出します。

 

 

3.清潔感がある

あなたは、外出時にハンカチを持ち歩いていますか?めんどくさいから持っていないという方がほとんどだと思います。

上品な人は、常に清潔感があります。外出時には、ハンカチを常備しています。また、服装もシンプルな色でまとめていて、清潔感を感じるファッションをしています。髪型も整えていて、身だしなみににも気をはらっている人が多いです。

 

 

4.姿勢が良い

猫背の人やガニ股で歩く人を見ると、どうしても貧相な印象を感じてしまいます。姿勢を良くすることで、上品なオーラを放つことができます。成功者に見えるようになります。姿勢を変えるだけで、印象がガラリと変わるのです。また、背筋を伸ばすことで肩が内側に入らないので、深呼吸を常にすることができます。深呼吸には心を落ち着かせる効果があるので、常に余裕を持って生活することができます。上品な人は大抵姿勢が良いです。

 

 

5.育ちが良い

いくら取り繕っても、「育ちの悪さ」というのはにじみ出てしまうものです。同様に、「育ちの良さ」もにじみ出てきます。

親に幼い頃から話し方や食事のマナーなどの教育をしっかり受けています。

お金持ちか否かには関わらず、良い教育がなされています。

 

 

6.聞き上手

相手の話をさえぎらずに、最後まで聞きます。

相手の話を遮ってしまうと、話しにくいです。

上品な人は、相手に気持ち良く話させて、否定しません。そうすることで、話し手から好かれるようになりますし、情報や知識が沢山手に入るので、聞き手に回ることは良いことばかりです。また、聞くことで話し手の方向性を掴むことができるので、意見の衝突を避けることも可能です。上品な人は、聞くことにこのようなメリットがあることを見抜いています。

 

 

7.悪口を言わない

悪口を言うと、自分の印象を下げてしまいます。また、知らず知らずの内にドンヨリとした雰囲気をまとってしまいます。そんな人と一緒に居たいという人は少ないです。上品な人は、人の悪口は言うべきではないということを心得ています。そもそも人の悪口は、どうしても下品な言葉を使ってしまいまうものなので、上品な人には向きませんね。悪口を言わない人は、明るくポジティブな性格の人が多いので、誰からも好かれますし、相手の長所を見つけるのが上手いので、誰とでも仲良くできます。自然と周りに人が集まってきます。