【頼もしい!】部下から好かれる上司の5つの特徴って何?

あなたは部下と良い人間関係を築けているでしょうか?職場の人間関係において、上司と部下というのは絶対的なイメージがあります。それ故に、部下から上司になかなか意見できないということもあります。それでは、良好な関係とは言えません。上司も部下もお互いに意見を出し合い、対等な立場で協力する必要があります。そのためには、好かれる上司にならなければいけません。 

そこで今回の記事では、部下から好かれる上司の5つの特徴を紹介していきます。

 

 

1.気さくに声を掛ける

仕事で分からないことがあっても、上司に相談しづらいときってありますよね?そもそも、部下にとって上司は声をかけにくい存在です。「どうやって声をかけていいか分からない...。」と悩む人は意外と多いようです。ですので、上司から気さくに声をかけることによって、部下と上手く打ち解けられ、好かれます。逆に、声をかけにくい上司は部下もなかなか近寄れないので、好かれません。部下に話しかけるのも上司の1つの仕事ですので、自分から積極的に声を掛けるように心がけましょう。

 

 

2.部下と肩を並べる

 仕事ができる上司には二種類のタイプがいます。一つは、自分が先頭を切ってグイグイ部下を引っ張っていくタイプの上司です。しかし、このようなタイプの上司だと、部下は自分のペースで仕事ができず、かえってストレスになってしまいます。もう一つのタイプは、部下と肩を並べて一緒に仕事をこなしていくタイプです。自分は仕事ができるという雰囲気は出さず、部下と一緒に考えて行動することで道を示してくれます。このタイプの上司の方が、部下は仕事をしやすいと感じますし、厚い信頼を寄せます。

 

 

3.信頼して仕事を任せる

仕事を任せます。仕事を与えられた方は、信頼されていると感じ、上司にも信頼を返そうと、一生懸命に働きます。任せた仕事をこなしてくれた部下には、しっかりと「ありがとう。」とお礼を述べましょう。些細な一言が、部下に好印象を与えます。仕事を任せるうえで大切なことは、仕事の難易度を適切に設定することです。できる上司は、部下一人ひとりの能力や経験を照らし合わせて、少し難しいくらいの仕事を任せ手厚くフォローしながら成長を見守ります。

 

 

4.心から褒めることで潜在能力を引き出す

褒めることで、部下のモチベーションを上げることができます。部下と仲良くなるためには、まずは心から褒めましょう。場の雰囲気も明るくなり、部下との話のきっかけにもなります。褒めることで得られるメリットは大きいです。部下の仕事ぶりを注意深く観察していれば、長所、短所が見つかると思います。短所を注意してなくさせるはなく、長所を褒めて徹底的に伸ばしましょう。あなたの一言で、部下の潜在能力が開花するかもしれません。

効果的な褒め方はこちらの記事↓

 

 

www.fitmental.net

 

5.自分よりも優秀な部下をつくる

一流の社長には、自分よりも優秀な部下がいます。自分よりも優れた人材を育成します。自分ができないことを、部下に求めるのです。管理職の人間は、自分のこと以外の仕事もしなくてはなりません。ときには、自分にはできない仕事を部下に任せる必要があります。全員が同じ能力を持った企業では、成長は望めません。ビジネスマンにとって、自分よりも優秀な部下を持つことが成功の法則であり、企業の成長にもなります。自分の持っているテクニックや知識は、出し惜しみせずに、全てを部下に与えましょう。部下をライバル視せずに、育てる姿勢が大切です。部下から「この人から得られることは多い。」と思わせることができれば、部下の方からあなたに寄り添ってくるようになります。

 

 

 

上司に好かれる部下の特徴はこちらの記事↓

www.fitmental.net