【行きづまったら一人旅!】一人旅の7つのメリット

 あなたは、一人旅をしたことがありますか?最近では一人旅が流行っていて、女性でもフラッと一人で旅行へ行くという人が増えています。一人で旅して何が楽しいの?と思う方もいるかと思います。しかし、一人旅は案外楽しいものですよ。

 そこで今回の記事では、一人旅の4つのメリットを紹介します。

 

 

1.何もかも自由

 一人旅では、人の都合に左右されずに、自分の意思だけで行動することができます。現地の観光スポットで情報を聞いて、予定を変更することもできます。グループ旅行になると、事前に決められた予定の通りに進めていく必要があるので、途中で疲れてしまっても他の人と合わせ行動する必要があります。「ここいいな。」と思っても自分だけ足を止めることはできないです。新たな発見があったとき、1人だととことん時間をかけて掘り下げることができます。その結果、今まで興味がなかったことに出会えるチャンスができます。自分が「こんなことにも興味が持てたんだな。」と新しい発見をすることができます。全ての計画・行動を自分で決める事ができます。一人旅のメリットは、この自由度の高さに集約されていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

2.気軽に行ける

 一人旅であれば時間と必要な荷物さえあれば、すぐに旅に出られるため、ちょっとした空き時間でも旅行に行けます。複数人で行く場合には、どうしてもそれぞれの予定や行きたい場所への要望が噛み合わず、計画を立てるのに時間がかかってしまいます。しかし、一人旅は全て自分の都合ですので、旅の計画から実行までが早いというメリットもあります。

 

 

3.人との出会いがある

 一人旅には、様々な出会いがあります。いろんな人の親切や悪意を通じて、危機感等々人間に対する見方が変わり、自分に大きな変化をもたらしてくれます。また、一人だと、新たな出会いが生まれやすいです。相手からしたら、数人でいる人よりも一人でいる人の方が話しかけやすいです。旅先では、気軽に話しかけてくれる人も多く、友達を作りやすいです。このように自然と会話が生まれ、日本中、世界中に友達ができます。旅先で彼氏彼女ができたという人も多いです。現地の人や同じ旅行者と仲良くなれるチャンスです。

 

 

4.非現実的な空気に浸れる

 日常生活を離れた、全く知らない土地では不安感が強まり、外部環境の変化にすぐに対応できるように、心身ともに反応可能な状態を維持しようとします。この状態でいると、感受性を高められ、情緒的反応が敏感になります。平素の生活環境から離れて、いろいろな物事に出会うことでしょう。それをどう生かすかは旅をする人自身の受け止め方です。

 

5.自立できるようになる

 見知らぬ土地で旅行するとなれば、旅の全てが自己責任ですので、自分がしっかりしなければなりません。宿泊先の予約や時間の管理やお金の使い方も自分次第ですので、一人旅だと自身の成長が望めます。

 

 

6.嫌な空気にならない

 旅行は、感受性が強まり、人間の本性が出やすくなります。グループ旅行の場合は、無理に旅のスケジュールを詰めこんだり、お互い本当に行きたい場所に行けなかったりもします。また、移動時間が長いと疲れが溜ってしまいます。そんな中で誰かのストレスが表に出てしまった時には、せっかくの楽しい雰囲気が台無しになってしまいます。旅先でのケンカほど嫌な空気になることはありません。ですが、一人旅ならこのような心配もありません。移動でストレスが溜まったら思う存分に発散することもできますし、一緒に旅行へ行く人へのイライラを感じることもないでしょう。


7.心がリフレッシュ

 一人旅では、自分と向き合う時間が増えます。普段仕事詰めの人は、なかなか自分と向き合う時間を持てていないかもしれません。人は、自分と向き合うことで新しい自分を発見したり、普段の生活を見直すことができ、日々の疲れや心配事から 心がリフレッシュされます。ストレスを抱えている人は、一人旅で自分を見つめ直してみてはどうでしょうか?