【ガリガリ必見!】太るための6つの方法

 あなたは、太りたいと思ったことはありませんか?

多くの人は太っていることにコンプレックスを感じていますが、世の中には痩せている体型がコンプレックスで、太っている体に憧れている人もいます。なかなか太れない体質の人は、「ハードゲイナー」と呼ばれています。たしかに、女の子のように細い男性はどうしても弱々しい印象を持たれてしまいます。では、体質的に太れない人は、どうすればいいのでしょうか?

 そこで今回の記事では、太るための6つの方法をお伝えします。しかし、何事もやり過ぎは良くないので、太り過ぎには注意してください。

 

 

1.一日二食にする

あえて食事の回数を減らすことによって、体が消化吸収しやすい状態になり、食べたものが脂肪になりやすくなります。体が、次にいつ食事が入ってくるか分からないため、食べた物を蓄積しようとして必要以上に食事からエネルギーを吸収します。力士は、脂肪を体に蓄えるために1日2食しか食べないことで有名です。そして、食べる量が半端ないです。 つまり、1日3食しっかり食べるよりも、1日2食をガッツリ食べたほうが太りやすくなるのです。

 

 

2.整腸薬を飲む

少食な人にオススメの方法です。整腸薬を飲むことで、消化を早めてくれます。整腸薬は、腸の機能を回復させるためのものです。食べ物は腸で消化吸収されますが、食べたものが身になるかどうかは、全てここでの吸収効率にかかってくるのです。太れない人は、たくさん食べても腸の吸収率が良くないがために、体に栄養分として吸収されません。少食なボディビルダーは、増量のために整腸薬を飲んで食欲を増やすそうです。整腸薬の中でも、「強力わかもと」という製品がおすすめです。Amazonで買えますので、是非チェックしてみてください。

 

腸内環境の改善になるので、便秘の人にもオススメです。トイレが早くなるというデメリットもあるので、考えながら飲みましょう。

 

 

3.筋トレをして食欲を増やす

筋トレをすると、「テストステロン」という男性ホルモンが増え、男性らしい骨格や筋肉を形成することができます。筋肉量が増えると基礎代謝が向上するので、その分多くのエネルギーを体が欲します。故に、食欲旺盛になります。基礎代謝が上がると余計な脂肪がつかなくなるので、より健康的に太ることができます。また、筋トレ自体はカロリーがあまり消費されないので太るにはオススメの運動です。

 

 

4.高カロリーなものを食べる

 カロリーが高いものを中心に食べるように心がけましょう。基本的に、油と砂糖が多く含まれている食品は、高カロリーです。ラーメン、ハンバーガー、揚げ物、ドーナツ、ケーキなどは特にカロリーが高いです。油分は太るには必須の食品ですが、健康のために3食全てを油分の高い食事にするのは危険ですので、適度な摂取を心がけましょう。

 

 

5.夜ふかしをする

あまりオススメできませんが、夜ふかしをすると、太ります。睡眠不足になると、体に脂肪を蓄える「インスリン」という物質が血液中に残り、それだけで脂肪が生成されるようになります。しかし、睡眠不足は健康と日常生活に害がでてきてしまうので、一応知識として知っている程度でいいと思います。

 

 

6.高カロリープロテインを飲む

体重を増やしたい人向けのプロテインがあります。「ウエイトゲイナー」という種類のプロテインです。これは、食欲が普通の人よりも少ない人や、痩せやすい体質の人向けのプロテインです。高カロリーのジュースのようなもので、一杯で900キロカロリーも摂取することができます。ちなみに成人の一日の摂取カロリーは1800~2200キロカロリーなので、半分ほども一杯のジュースで補うことができます。Amazonから買えるので、下記のURLでチェックしてみてください。