【成功者思考!】ユダヤ人の6つの考え方

 あなたは、「ユダヤ人」という人種を知っていますか?

 ユダヤ人とは、ユダヤ教を信仰している人のことです。現在では、迫害により世界各地に離散しています。ユダヤ人が有名な理由は、その優秀さにあります。全人口の約0.02%しかいないユダヤ人なのですが、なんとノーベル賞受賞者の約40%も占めているのだそうです。さらに、Google創業者の一人であるラリー・ペイジや、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、学者のアインシュタインなど、ユダヤ人の著名人は挙げたらキリがないほどいます。なぜ少数派の人種であるユダヤ人が世界に大きな影響を与えるような結果を出すことができるのでしょうか?それは、ユダヤ人が成功者の思考を持っているからです。ユダヤ人の思考には、成功者になる鍵が隠されています。

 そこで今回の記事では、ユダヤ人の7つの考え方を紹介します。

 

 

1.知識への価値観が高い

 長い間、ユダヤ人は迫害を受けてきました。この苦難に満ちた歴史的境遇から、ユダヤ人は最終的に我が身を守るのは「知識」であるという結論に到達しました。「タルムード」というユダヤ教の生活・信仰の基盤となっている律法書があります。タルムードの中には、「生きているかぎり奪われないもの、それは知識である。」という教えがあります。つまり、ユダヤ人にとって知識は何よりも大切なものなのです。彼らは知識を養うために教育に重きを置いていて、勉強熱心な人が多いです。日常的に勉強をする習慣を身につけています。また、読書家でもあり、本を読むことの価値を理解しています。ユダヤ教の中には、「もし本と服を汚したら、まず本を拭きなさい」という教えもあるほどです。

 

 

2.当たり前の常識を疑う 

 一般的に、日本人は当たり前のことに同調することが正しいと考えますが、ユダヤ人は、既成の「当たり前」を疑います。なぜなら、彼らは常識にとらわれない自由な精神を持っているからです。この自由な精神はユダヤ人にとっての権威は神だけなので、人間同士に上下関係はないという考えに由来しています。

 

 

3.両面思考

 両面思考とは、物事には必ず表と裏があるという考え方です。例えば、コップに水が半分つがれていたとき、人間には2つの感情が起こります。「もう水が半分しかない。」というネガティブな感情と「まだ半分もある。」というポジティブな感情です。物事の捉え方によって、その後の思考や行動に大きな違いが生まれます。かならずしも、ポジティブな感情を優先するべきではないです。時には、ネガティブな感情から物事を見ることも必要です。ユダヤ人は、常に物事の両面を考えています。ポジティブ思考とネガテイブ思考の両方の目線を持つことで、物事に柔軟に対応することができるのです。

 

 

 4.議論好き

 ユダヤ人は何かに疑問を持ったら、質問をして、必ず自分の納得のいくまで討論します。日本には、議論を避けようとする風潮があります。しかし、ユダヤ教にとって議論は大歓迎です。「より良くしよう」という思考法が幼少期から訓練されているからです。

 

 

5.他者を褒める

 人にとって褒められることほど幸福感を与えられることはありません。ユダヤでは、人に幸福感を与えることは、自分に幸福感を与える自分への善行だと考えられています。他人を褒めることは、一種の義務であるとすらいいます。

人を褒めることで得られる4つのメリットはこちらの記事↓

あなたは褒め上手?人を褒める4つのメリット - メンタルフィット

 

 

6.思考をやめない

 自分を取り巻く全ての環境に疑問を抱き、常に考えます。「 考えることをやめると常識に支配されてしまう」という教えから、常に何かしらに疑問を持っています。そのため、思考力がズバ抜けて高いです。