【なかなか続かない人へ!】筋トレを継続させる5つの方法

f:id:shownrao:20180802125247j:plain

 あなたは、筋トレをしていますか?

 

 

最近では、筋トレをしている人が増えてきています。日本のトレーニングジムの数も年々増えていて、フィットネス文化がどんどん進行しています。

 

 

しかし、一般的に筋トレはただただキツいだけで痛みに耐え続ける修行僧のようなイメージがあります。ですので、初心者はなかなか続きません。

 

 

そこで今回の記事では、初心者が挫折しないように筋トレを継続させる5つの方法をご紹介します。

 

 

1.お金をかける

初心者は、自宅で筋トレせずに、ジムに行きましょう。自宅でもトレーニングはできますが、お金が全く掛かりません。

 

 

自宅トレーニングの最大のメリットですが、ジムの月会費がかかりません。しかし、それは同時にデメリットでもあります。

 

 

お金が掛からない故にモチベーションを維持することが難しいです。自宅トレーニングでモチベーションが続く人は、すでに上級者で筋トレの楽しさ、重要性をよく理解している人です。

 

 

とくに、筋トレ初心者の人ほど自宅や公園で筋トレのモチベーションを維持させることは困難です。

 

 

ですので、筋トレ初心者の人ほどジムに通った方が良いです。ジムは、月会費が掛かるので、「お金を払っているんだから行こう」となります。

 

 

また、プロテインやアミノ酸などのサプリメントにもお金をかけると、より「やらなくては」という気持ちになると思います。

 

 

初めのうちから筋トレの楽しさに気づける人はそうそういません。初心者のうちは、とりあえず継続することが何より大切ですので、「やらなきゃ」という意識で筋トレに挑戦することをオススメします。

 

 

2.楽しさを徐々に知っていく

徐々に筋トレの楽しさを知っていきましょう。

 

 

筋トレは、多くの人がキツいだけの印象を持っていますかが、筋トレにもたくさん楽しさはあります。

 

・重い重量が挙がるようになったときの楽しさ

・体に筋肉が付いていく楽しさ

・パンプアップの楽しさ

 

などです。ベンチプレスの重量やスクワットの重量が上がっていくと、やはり嬉しいものです。

 

 

また、扱える重量が上がっていくにつれて筋肉もついてきますので、更にモチベーションが上がります。

 

 

また、トレーニング中は、ドーパミンという快楽物質が脳内で分泌されます。

 

 

一度筋トレの楽しさに気付ければ、もはや止めることが難しくなるくらいにドップリとはまっていきます。

 

 

実は、筋トレは続ければ続けるほど筋肉がつき、筋肉が増すにつれて楽しさも増していく仕組みになっています。

 

 

もちろん最初のうちはキツいだけでしょうが、継続することで筋トレの楽しさが見えてきます。

 

 

3.目標の人を意識する

具体的な目標を設定しましょう。「10kg痩せる!」とか、「5kg増やしてデカくなる!」とかだとダメです。

 

 

あなたは、10kg痩せたときの身体や、5kg増やしたときの自分の身体を明確に想像できますか?

 

 

目標を決める際は、ある特定の人の身体を目標にしましょう。例えば、フィットネスモデルの人や、芸能人で良い体をしている人にします。そうすることで、ベンチプレス中に「あの人だったらあと3回は挙げられるよな。」と思うと、おのずとモチベーションが上がってきます。

 

 

このように、自分が目標の人だと自己暗示をかけてトレーニングをするのも楽しいです。

 

 

4.全くやる気が出ない日は休む

ときには、全くやる気がおきない日もあると思います。そんな日は、無理してまでジムに行かずに、家でゆっくり休みましょう。

 

 

適度に休むこともトレーニングの一つです。また、 休めば次にジムに行くときに休んだ分のモチベーションが高まった状態でトレーニングに臨むことができます。

 

 

5.とりあえずジムに行ってみる

ジムに行くか行かないかを迷っている時間は無駄なので、迷うヒマがあるならとりあえずジムに行ってみることをオススメします。

 

 

休むことが必要と前述しましたが、とりあえずジムに行ってみるのも良いです。軽く筋トレをしているうちに、だんだんと身体が温まってきて、やる気に火がつくかもしれません。

 

 

シャワーを浴びて帰路に着く頃には、必ず「今日はジムに来て良かったな。」と思えます。