【ヘッドフォンレビュー】SONYのWH-1000XM2を1年間使ってみました。

f:id:shownrao:20180802113645j:plain
SONYのノイズキャンセリングワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM2」を1年間使ってみました。
良い点・悪い点をまとめます。

良い点

ノイズキャンセリングが強力

周囲の雑音が全く聞こえなくなります。
私が一番驚いたのは、池袋駅構内の人混みでノイズキャンセリング機能を使った時です。ヘッドフォンをBluetoothに接続した瞬間、騒がしかった駅構内が一気に静まりかえりました。私は衝撃を受けました。あの感覚は忘れられません。ぜひとも体験してもらいたいです。しかし、全く聞こえないとは言っても高い音や衝撃音は聞こえるようになっていますので、安全です。

クイックアテンションモードが便利

クイックアテンションモードとは、ヘッドフォンの耳の部分に手を添えるだけで、外部の音を取り込むことができる機能です。マイクで外部の音を拾っているので、外の音を鮮明に聞くことができます。飛行機や、カフェで注文するときに便利な機能です。しかし、クイックアテンションモードは手を添えてから外音が聞こえるまで2秒ほどラグがあります。私は、ジムでトレーニングをする時にヘッドフォンをしていますが、急に話しかけられるとクイックアテンションモードを使うよりもヘッドフォンを一度外して会話をしています。そっちの方が絶対はやいからです。

高音質

購入前はBluetoothヘッドフォンなので音質が悪いイメージがありましたが、めちゃくちゃ良かったです。さすがSONYです。ノイキャンによる遮音性が高いので、より臨場感ある綺麗な音を楽しめます。

デザインがかっこいい

重厚感触れるシンプルなデザインです。ブラックとシャンパンゴールドの2色です。
私はシャンパンゴールドを買いました。シンプルなデザインで派手な色ではないので、カジュアルな服装にも、スーツ姿にも合います。

専用アプリ「Headphonesconnect」でカスタマイズできる

Headphonesconnectというスマホ専用アプリで、ノイズキャンセリングを周囲の気圧に最適化させたり、イコライザーという自分好みに楽曲の音質を変えることができます。私はHeadphonesconnectを使わなくても満足しているので、このアプリはほとんど使っていません。たまに飛行機に乗る時に気圧の変化を気にしてアプリでノイキャン最適化をするくらいです。

最大30時間充電が持つ

フル充電しておけば、1日中使っていても充電がなくなる心配はありません。また、使う時以外は電源を切っておけば、もっと長く使えます。私の場合は、一週間充電が持ちます。充電切れを心配したことはないです。

頑丈で壊れない

私は間違えてジムのロッカーにヘッドフォンを挟んでしまって思いきりロッカーの扉を閉めようとしたことがあります。ヘッドフォンが挟まっていることに気づいたときに絶対に壊れたと絶望しました。しかし、ヘッドフォンは全くの無傷でした。安物のヘッドフォンなら確実に壊れていたでしょう。相当頑丈に作られています。ちょっとやそっとの衝撃では壊れません。

悪い点

充電時間が長い

充電ゼロから満タンまで充電するのに、約4時間掛かります。それで30時間もつなら良いかもしれませんが、さすがにフル充電するのに4時間はちょっと長いと思います。しかし、夜寝ている間に充電しておけば問題はありません。

蒸れる

重厚感あるデザインのせいか、暑い夏の日は汗を掻くと耳の部分が蒸れます。私はジムで使用しているので、タオルでヘッドフォンについた汗を拭き取りながら使っています。耳周りに汗を掻いてヘッドフォンが濡れても1年間正常に使えているので、水没の心配は無さそうです。

まとめ

ノイズキャンセリングヘッドフォンWH-1000XM2は、とてもおすすめです。ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?