お金を使って幸せを得る人が不幸になる理由

私はお金を使って幸せを得る人は将来不幸になるリスクがあると思います。

 

その理由を順番に説明します。

[目次]

 

 

1.お金を使って幸せを得ると金銭感覚を上げるリスクを負う

 

例えば、

あなたは外食をするのが幸せを感じる瞬間だとします。

 


最初は定食屋さんで1000円のハンバーグ定食を食べて幸せを感じていました。

 


しかし、次第に2000円のステーキ定食に興味を持つようになりました。そして、ある日2000円でステーキ定食を食べました。

 


その時、あなたは普段のハンバーグ定食を食べるときよりも幸せを感じました。それからあなたは、1000円のハンバーグ定食を食べると、どうしても損をしている気がしてしまいます。

 


なぜなら、2000円の幸せを味わってしまったからです。つまり、あなたの外食で幸せを得る金銭感覚は2000円に上がったのです。

 


このように、お金を使って幸せを得る人は、金銭感覚が段階的に上がっていくリスクがあります。


2.金銭感覚が上がると労働時間が増える

金銭感覚が上がれば、より多くのお金が必要になり、比例して労働時間も増えます。私は労働時間は不幸な時間だと思っています。

 


本来なら自由に使える時間をお金を稼ぐために嫌なことをする時間に使っているからです。お金をもらえないのに働きたいという人は少ないでしょう。

 


しかし、人はお金がなくては生活できないので、仕方なく働くのです。

 

 

3.金銭感覚を下げるのは難しい

金銭感覚を下げることは不可能ではありませんが、非常に難しいです。なぜなら、金銭感覚を下げている間は、不幸を感じてしまうからです。

 

 

宝くじ当選者の自殺率が高い理由は、金銭感覚を上げてしまうからです。もし3億円当たっても、自分の能力以上の散財をしていれば、いずれお金は底をつきます。

 


貯金を失うだけなら働けば生きていけるのですが、問題は彼らの金銭感覚は上がったままだということです。

 


一度金銭感覚を上げてしまった彼らは、普通の給料では満足できません。その結果、不幸になり自殺という逃避手段を選んでしまうのです。

 


それほど、金銭感覚を下げることは難しいのです。

 

 

4.彼女の誕生日に10万円使って破局した友人の話

私の友人の話をします。大学生の私の友人は交際している彼女がいました。

 


彼女の誕生日に高級レストランとホテルを予約し、ケーキとブランドバッグを買って、ホテルの一室を飾り付けて彼女をお祝いしました。

 


彼はその日1日で総額10万円を使って彼女の誕生日を祝いました。彼女はとても喜びました。
彼は彼女が喜んでくれたのが嬉しくて幸せを感じました。

 

 

素敵な話のようですが、これには問題があります。大学生にとって10万円はかなりの大金です。

 

 

彼は、時給1000円のアルバイトをしています。つまり、彼は恋人の誕生日を祝うために100時間働いたのです。

 


彼は恋人との愛を確かめるために10万円を使いました。この時点で、このカップルの「誕生日に愛を確かめて幸せを得るための金銭感覚」は10万円に設定されました。

 

 

今年の誕生日で大満足だった彼は、来年も必死にバイトをして10万円、もしくはそれ以上のお金を使って彼女の誕生日を祝うのでしょう。

 


なぜなら、一度上げてしまった金銭感覚は簡単には下げられないからです。

 

 

彼はもう、お金を使わずに彼女の誕生日を祝うことはできません。このカップルにとってそれはもう不幸なことなのです。

 

 

そうなると、このカップルが幸せを感じ続けるには、今まで以上に長い時間働き続けるしかありません。つまり、金銭感覚を上げたことで、不幸な労働時間が増えるのです。

 

 

彼らは労働時間が増えても気にせずに、毎回のデートで外食をしたり、服を買ったり、明らかに身の丈以上のお金を使っていました。

 

 

その結果、このカップルは彼女の誕生日の3ヶ月後に破局しました。友人に別れた理由を聞いてみると、2人ともバイトや大学で忙しくて疎遠になったからだそうです。

 

 

彼らにとって、10万円の誕生日が幸せのピークだったのです。

 


5.お金を使わずに幸せになれる人が最強

お金を使って幸せを得ることが不幸になるリスクがあることをお分かりいただけましたか?

 

 

幸せに生きるためには、不幸な時間をなるべく減らす必要があります。不幸な時間をを減らすことで、反比例して幸福を創るための時間は増えます。

 

 

なので、私はなるべく少ない時間で嫌いな仕事をして、余った時間を自由に楽しく過ごすことが最も幸せだと思います。

 

 

そのためには、労働時間を増やさないために、お金を使わない手段で日常を楽しむことをおすすめします。

 

 

お金を使わなくても、人間は幸せを感じることができます。

私がパッと思いつくのは、

創作的な趣味

・絵を描く
・文章を書く
・料理

運動

・ウォーキング
・筋トレ

無料コンテンツを楽しむ

・YouTube視聴
・Twitter
などです。

 


これらは、道具代や無料コンテンツを利用するためのデバイス代など、初期費用が掛かるのですが、金銭感覚が上がるリスクは低いです。

 

ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました。